ツボネット ホーム

耐えられないくらいズキンズキンと感じる腰痛

耐えられないくらいズキンズキンと感じる腰痛

  • 患者

    男性

    40 代

  • 来院

    2018年12月 ~ 2018年12月

  • 頻度

    週2~3回

  • 通院回数

    2回

症状

電器工事の関係のお仕事をされている方。
4ヶ月も休みがない状態が続いており、最近の仕事内容は屋根に登り中腰気味の座位で作業をされることが多い。
ご来院される3日前から腰が痛み始め、湿布で対応するもののご来院される当日はズキンズキンと感じられるくらい痛みがひどくなった。
翌日もその翌日も仕事があるため心配をしたご家族が予約を取られてご来院された。

施術と経過

初回
自覚として痛みが有ると感じられる場所は腰の下部。
動きとしては上体を反らしたり、右に倒した時に痛みが有り、
押して確認をしていくと左側腰の下部とお尻の右側上部が痛む。
左の膝の裏に鍼をしたところ、その時点で腰が軽くなっていくのが分かった。
痛みはあるものの来た時よりは上体を反らすことができるようになった。
次に右側の腸骨稜と呼ばれる骨盤の一番高い位置にあるツボに鍼をした。
すると右に上体を倒しても嫌な感じはなくなった。
若干こわばりはあるものの最初よりは良い手ごたえを感じて頂けた。

2回目
前回から中2日でのご来院
この2日、悪化することなく、ご自身でもかなり楽になっていると仕事をしながら感じた。
動きとしては上体をそらした時と強いて言えば右にねじった時に痛みが有る。
しかし、前回よりも動く範囲はかなり広い。
今回は前回押した腰のツボよりも少し下部にあるところが痛んだ。
左スネにあるツボに鍼をしたところその痛みは消失。
他、前回と同じように右側臀部の上部が痛むので捻る動きを取る目的で右側腸骨稜にあるツボに鍼をした。
その後、臀部を押した痛みはなくなった。
最後に立ってもらって動いたり、歩いたりしても腰に対する問題はなくなった。

かなり良いが経過をみながら施術を続けていくこととなった。

使用したツボ

まとめ

仕事が休みなく立て込んでいること、発症が冷え込みがちな12月の屋外作業。
腰痛をお持ちの方はよくお分かりの状況であると言える。
原因を痛みが有る部分に求めがちではあるが動きや押した時に反応がある場所によって適したツボに鍼をしていけば動きが変わり、痛みは取れてくる。

提供:スギヤマ治療院

症例提供