ツボネット ホーム

全国の症例
すのさき鍼灸整骨院の症例

産後の腰痛

全国の症例
すのさき鍼灸整骨院の症例

産後の腰痛

  • 患者

    女性

    30 代

  • 来院

    2018年9月 ~ 2018年10月
  • 頻度

    1回通院
  • 通院回数

    3回

症状

産後3ヶ月が経過し、慢性的な重い腰痛を抱えていた。ソファーから立ちあがるとき、車から降りるときなど掛け声を発してしまう。
本人は「もう、おばちゃんでしょう。」「もう慣れちゃったのかな。」と腰痛である自分が当たり前になっているのが嫌になり、友人である私に連絡をしていただいた。

施術と経過

座位で身体を診るとお尻座りになっており背中が丸くなっているのがわかった。理想的な座位を指導すると腰が伸びなく「痛いですね」と重い腰痛を感じている。そこで、臀部と腰部にあった緊張を足のツボ、背部のツボで緩めた。再度坐骨で座るように理想的な座位をとってもらうと痛み無く座ることが出来た。最後に肩にあった緊張をふくらはぎにあるツボで緩めた。

二診目、座位指導をし自宅でも励んでもらった一週間後に来院。ずっと座り続けていると重い腰痛が出るくらいで他には気にならない程であったと言っていた。ちょうど姿勢を維持する筋肉に張り感がみられたため膝裏にあるツボに鍼をした。そして、臀部にも前回同様に硬結がみられたため足のツボとふくらはぎのツボに鍼をした。

三診目、施術期間を2週間に空けてもトラブルは見られなかった。
再発予防の施術を行い全ての施術を終えた。

使用したツボ

まとめ

お尻座りになっていることを見抜き、座骨で座ることを目標にして痛みの改善へ導いた症例。
慢性的な腰痛でいるとそれが当たり前となってしまう。そう気づいた患者さんだっためご自宅でも座位訓練に励んでもらいました。
産後の問題は骨盤を中心に色々な問題が出てきます。ただ、専門的な視点でアドバイスし一緒に身体を見つめなおすことで整えることが可能であります。

担当スタッフ

洲崎 和広

提供:すのさき鍼灸整骨院

症例提供