ツボネット ホーム

全国の症例
スギヤマ治療院の症例

ボルダリングで痛めた右手中指

全国の症例
スギヤマ治療院の症例

ボルダリングで痛めた右手中指

  • 患者

    男性

    30 代

  • 来院

    2018年10月 ~ 2018年10月
  • 頻度

    週1回程度
  • 通院回数

    2回

症状

ボルダリングを2年ほどやられている方
数ヶ月前ボルダリングをやられていて『パキッ』という違和感を感じそれ以来右手の中指を曲げるとこわばりがあり、押すと痛みが生じるようになった。
登れないほどではないものの支障はある。
ご自身が通われているボルダリングのジムに置いてあった当院のチラシを見てのご来院。

施術と経過

右手中指を曲げてもらうと第二関節を中心にこわばりがあり、手の甲側を押すと痛みが生じた。

初回
動きが整えば痛みは取れてくることを共有
指の動きを滑らかにするためにまず背中に鍼を刺し、指を動かしてもらう。
動きの違いがみられた。
ご本人もそれには驚かれていた。

さらに肩甲骨のツボに鍼をして再度指を動かしてもらうと指を曲げた際のこわばりは消失。
右手中指第二関節を押すとまた痛みはあるものの押さなければ気にならない状態になった。

2回目
初回施術後、ボルダリングのジムに行きボルダリングをやってみたところいつもよりもかなり指の状態は良かったとのこと。
初回よりはかなり良いがまだ曲げた際に指のこわばりと押して痛みが有る。
前回と同様のアプローチを行う。
指を曲げても、その患部を押しても何も感じない。

それ以後再発はないので2回目で右手中指の施術は終了となった。

使用したツボ

まとめ

バネ指・手首の痛み、スポーツ障害に力を入れている当院においてこの症状は本当にお力になれてうれしく思う。
ボルダリング関連の情報を調べると「パキッ」と腱が伸びる(パキると呼ぶらしい)と最低3ヶ月はかかるとされている。
また、ボルダリングのジムの方にお聞きしても自然治癒を待つクライマーが多いのが現状だそうだ。

しかし、動きを滑らかにすることで症状が改善する事を目的に本質的な原因にアプローチをしていけば自ずと指の症状が改善していく事を象徴する症例であったと言える。

提供:スギヤマ治療院

症例提供