ツボネット ホーム

全国の症例
北郷通りはり灸整骨院の症例

引っ越しの後から痛くなった腰を伸ばした際に悪化する腰痛

全国の症例
北郷通りはり灸整骨院の症例

引っ越しの後から痛くなった腰を伸ばした際に悪化する腰痛

  • 患者

    男性

    30 代

  • 来院

    2018年8月
  • 頻度

    1回通院
  • 通院回数

    1回

症状

今朝起きてみると腰に痛みがあった。

安静にしていても鈍い痛みがあり、特に背筋を伸ばす、腰を反らすと痛みが強くなる。

思い当たることと言えば数日前に引っ越しをして、腰に負担がかかっていたとのこと。

痛みが出た当日中にご相談いただいた。

施術と経過

初診時
腰痛の場所を確認すると、痛みは腰の中央から下部にかけてであった。

痛みがある場所と関係が深いふくらはぎを触ると強い緊張と圧痛が確認できたため、ふくらはぎに鍼をした。

再度、腰を反っていただいたが痛みがなくなっていた為、治療を終了した。

使用したツボ

まとめ

普段しない動作をした後日、腰痛になることがある。
これは、なれない動作によって筋肉が過度に緊張したことで、動きを妨げ、結果腰に負荷がかかってしまっていると考えられる。
その場合、腰自体にアプローチするよりも腰に負担がかかってしまった動作不良の原因を探しアプローチした方が即効性があり改善もしやすい。

今回はすぐにご相談いただけたことと、典型的なパターンの腰痛であったため、最小限の刺激で改善することが出来た。

提供:北郷通りはり灸整骨院

症例提供