ツボネット ホーム

紅露養生院の症例

寝違えた首のひきつる痛み

紅露養生院の症例

寝違えた首のひきつる痛み

  • 患者

    男性

    41 歳

  • 来院

    2016年10月 ~ 2016年11月
  • 頻度

    週1回程度
  • 通院回数

    6回

症状

1日中パソコン作業をすることが多く、目・肩・首がこり固まってひどいときには頭痛に悩まされていた。
3日前の朝起きたときに首を寝違え、首から肩にかけて引きつった痛み。
「特に首を左に傾ける・右に振り向くと右肩に激痛が走り首が動かせない。」
日にち薬で様子を見たが症状は悪化する一方で仕事が手につかない。
友人にそんな症状は鍼灸院が良いと言われ、鍼灸専門院をインターネットで探して来院。

施術と経過

肩・首に触れると鉄板が数枚入った厚さを感じる。お腹と足の冷えが原因と考えた。
初回は首の動きの改善を目的に、手足・お尻のツボを段階的に使い1本鍼を打つごとに首の可動域を確認。
最後に下腹部の硬い場所を緩める足のツボに鍼をして仕上げた。
患者さんの体感としては痛みがやや良くなった程度だが、可動域がしっかり変化しているので日を追うごとに良くなっていくと説明。

2日後メールにて経過良好で痛みも消失したご連絡を頂く。
その後も施術を継続した結果、目・肩・首に一時的な疲れ・こりを感じても、翌日に持ち越すことがなくなり体調も良好。
患者さんの希望もあり、継続して隔週で様子を診ている。

使用したツボ

まとめ

痛いから動かせないのではなく、肩から背中の緊張によって首が動かせないから痛い。
施術後患者さんの痛みに対する体感だけを基準にせず、可動域の変化を観察して治療を後追いしなかったことが、その後のすみやかな回復に繋がったと考える。

担当スタッフ

紅露 啓太郎

提供:紅露養生院

症例提供

  • 紅露養生院

  • 電話番号

    0797-75-3925

  • 最寄り駅・地域エリア

    JR中山寺駅・阪急中山観音駅/兵庫県宝塚市

  • 定休日

    月曜, 不定休

  • 詳しく見る