ツボネット ホーム

全国の症例
はりきゅうルーム カポスの症例

うがいで水がもれる、食事がしづらい

全国の症例
はりきゅうルーム カポスの症例

うがいで水がもれる、食事がしづらい

  • 患者

    女性

    30 代

  • 来院

    2014年10月
  • 頻度

    週1回程度
  • 通院回数

    4回

症状

3週間前、突然ひどい左後頭部痛が出現。
4日後、顔が腫れぼったい感じがした。うがいの際に口から水が漏れた。
その2日後、職場の同僚に「顔が変だよ」と言われ耳鼻科へ行った結果、ヘルペスウイルスによる片側顔面神経麻痺と診断された。ステロイドを処方され服用。
2週間ほど薬を服用したが、改善の兆しがないため来院。
左の表情筋が動いておらず、目尻、口角の高さが左右で異なっていた。
また、食事の際に口が開けづらい、食べづらい、飲みにくいのが最も気になるとの事。

施術と経過

初回は発症当時から出現していた左後頭部頭痛を取る事と、顔全体の重さを取ることを目的として、背中と足に鍼をした。
施術直後に、まばたきのスピードや閉じ具合が左右対称になり、頭痛も消失した。
1週間後の2回目の来院時には、うがいをできるようになるまで改善。
その後も順調に回復し、4回の施術で表情の左右差がなくなり、自覚症状も消失した。

使用したツボ

まとめ

発症から約3週間という早いタイミングで条件に恵まれていたため、早期回復に繋がった。
改善には、顔面の筋肉を動きづらくさせている原因を全身から見つけ出し、1つ1つアプローチしていく事が重要である。

提供:はりきゅうルーム カポス

症例提供