ツボネット ホーム

症例を投稿した鍼灸院:すのさき鍼灸整骨院

NEW不意に起こる激痛

NEW不意に起こる激痛

症状

来院されるまでの1週間、不意に起こる背中~腰にかけての激痛があり身体を動かすことに恐怖を感じていた。自分でもどのようなときに起こるかわからなくあの激痛が起こると考えると動かすことが怖くなっていった。一日に数回症状が出ることが続き、その頻度も痛さも増してきていることから連絡をいただいた。

  • 来院者

    男性

    60 代

  • 期間

    2021年6月 ~ 2021年6月

  • 頻度

    週2~3回

  • 通院回数

    3回

施術と経過

左の背部から腰にかけての緊張を確認し、施術をおこなった。この部にストレスをかける目的で右に捻じる動き・右手を上げる動きを行うと症状が出現することを確認した。
関連する背中のツボに鍼をすると軽減した。さらに細かく触れると肩甲骨内縁・下角付近に緊張が残っていた。そこで関連する臀部のツボに鍼をすると動作時痛は解消された。

2回目、『施術後から調子よかったが昨日引っ越し作業があり、同様に痛めてしまった』とのこと。
これまでと同様の施術を行い、動きもスムーズになったことを確認した。

3回目、『痛みが全くない、調子が良い』とのこと。
経過良好の報告を受けたため施術を終えることにした。

使用したツボ

ツボのアイコンからツボの詳細が見られます

まとめ

患者さんは不意に起こる痛みが怖がっていましたがどのように動かすと痛みが出るかを共有し、施術の焦点とすることで本人の恐怖感も薄れたと思われます。本症例は上記に記した動きの改善に取り組むことで痛みを和らげることが出来ました。

担当スタッフ

洲崎 和広

症例を投稿した鍼灸院:すのさき鍼灸整骨院

症例を投稿した鍼灸院