ツボネット ホーム

症例を投稿した鍼灸院:すのさき鍼灸整骨院

NEW20年来の腰の痛みと重だるさ

NEW20年来の腰の痛みと重だるさ

症状

慢性的な腰痛を抱えており、今までありとあらゆる方法を試してきた。20年もの間、医療機関をはじめ、鍼・マッサージ・整体へ行ってみたが症状は変わらなかった。常に腰から臀部にかけて重だるく、これがデスクワークや長距離運転等で同一姿勢が続くと物事に集中できないくらいになる。
このままこの症状と付き合っていくしかないと思っていたが同僚が同じような症状で改善されたことを耳にし、当院へ来られた。

  • 来院者

    男性

    40 代

  • 期間

    2020年10月 ~ 2020年11月

  • 頻度

    週2~3回

  • 通院回数

    6回

施術と経過

痛む範囲をきくと腰から臀部にかけて全体を示し、ピンポイントでは示すことができない。そこで、腰の動きをチェックすると座位にて深く屈曲すると痛みが再現された。そこでこの動きの改善を目的に施術をすすめることにした。
動きをみていると胸椎下部の緊張が考えられ、触ってみると胸椎11番目・12番目周辺が硬くなっていた。まずは動きと対応する足のツボに鍼をすると少しの改善がみられた。次に関節の動きの悪さを考え、この関節周辺に鍼をすることにした。するとほとんどの症状が改善された。最後に脛のツボに鍼をすることで仕上げた。

2回目、『終わった後は良かったが次の日の朝には元に戻っていた』とのこと。前回と同様の施術を行い、変化を体感してもらった。

3回目、『これまでの体が嘘だったように軽く感じる』とのこと。動作時痛はなくなっていた。

これまで週2回の施術を週1回の施術へ変更した4回目、『張ってくる感じが出てきた程度』とのこと。今までより断然仕事に取り組むことが出来ていることを確認。
5回目、6回目と同様の施術を行い経過も良好だったため一旦終了となった。

使用したツボ

ツボのアイコンからツボの詳細が見られます

まとめ

腰や臀部の症状は胸椎の緊張が要因となっていた症例であります。本症例のポイントは胸椎下部の関節の動きの悪さに注目出来たことであります。この部が解れることで土台となる腰部・臀部への負担が減り症状も消失したと思われます。

担当スタッフ

洲崎 和広

症例を投稿した鍼灸院:すのさき鍼灸整骨院

症例を投稿した鍼灸院