ツボネット ホーム

症例を書いた鍼灸院:すのさき鍼灸整骨院

3日目でピークを迎えた腰の痛み、鎮痛剤も効かず冷や汗

3日目でピークを迎えた腰の痛み、鎮痛剤も効かず冷や汗

症状

3日前のデスクワーク中、腰部に違和感を感じ段々と痛みが増しピークを迎えたときに連絡をいただいた。前日、当日と家にあった鎮痛剤を飲んでも効かず冷や汗をかきながら来院された。黙って座っているとズキズキと刺さるように腰から臀部にかけて痛み、立っていると怠くなってくる。仕事でトラックを運転することもあるので運転動作だけでも楽にしたいと思った。

  • 来院者

    男性

    40 代

  • 期間

    2020年6月 ~ 2020年6月

  • 頻度

    週2~3回

  • 通院回数

    2回

施術と経過

冷や汗をかくほど痛みが酷く、痛みの箇所も把握しづらかった。そこでデスクワーク・トラックの運転を考慮し、肩甲骨ー臀部の連動に注目した。そこで、肩甲骨内縁にあるツボ・炎症反応を示すツボ・肩甲骨外縁にあるツボに反応がみられたためその部に鍼をした。
一本一本鍼をした状態で確認しつつ、様子をみながら行うと痛みも治まっていた。初診時の変化として、立ったり座ったりが楽になり痛かった歩行動作で痛みも感じなくなった。座っている状態で腰を落とす動作(腰を丸める動作)のみ痛みが残った。患者さんの言葉を借りると8割程楽になったとおっしゃっていたので一旦終えた。

2回目、『トラックに乗っていると痛みを感じるがそれ以外は大丈夫になった』とのこと。
腰を落とす動作、胸椎屈曲動作・股関節屈曲動作で再現された。そこでこの動きに注目し施術を行うと改善出来た。

使用したツボ

ツボのアイコンからツボの詳細が見られます

まとめ

職業に絡んでコロナウイルスの影響で自粛生活が続き生活習慣の影響が大きく出ていた症例です。
問診時にここ数か月で運動不足・急な体重増加などが影響し腰部に大きな負担をかけていたことを確認しました。そこで、これらを考慮(胸椎屈曲動作制限・股関節屈曲動作)し施術を行うと症状も改善されました。

担当スタッフ

洲崎 和広

症例を書いた鍼灸院:すのさき鍼灸整骨院

症例を書いた鍼灸院