ツボネット ホーム

全国の症例
鍼灸院めぐるの症例

顎の痛みで口が大きく開けられない

全国の症例
鍼灸院めぐるの症例

顎の痛みで口が大きく開けられない

  • 患者

    男性

    20 代

  • 来院

    2018年2月 ~ 2018年4月
  • 頻度

    週1回程度
  • 通院回数

    6回

症状

3ヶ月前に焼肉のホルモンを食べている時に右顎が「ガクッ」と鳴って痛くなった。2日ほどで良くなり、その後は気にならなかったが、1週間前から食べている時に右顎の痛みや違和感がある。

口を大きく開けれない、食べ物を噛んでいると痛くなる。顎の関節がかみ合っていない感覚がある。病院や歯科は受診していない。ネットで検索して鍼が良いのではと思い当院を受診した。

施術と経過

痛みのある側の肩甲骨の際に顕著なコリが認められた。

このコリが口を開ける筋肉との連動を妨げていると判断した。肩を緩めるツボに鍼を行い、手のツボにも鍼を加えた。口を開けた時の痛みが少し減ったと言われたので初回は終了した。

2回〜5回:口は開けやすくなり、指が2本入らなかった幅が全開にしても痛みがないほどに回復した。ただ、ぐっと噛み締めた時の痛みが残っているため、手のツボや顎関節の動きと密な関係のある
胸椎のツボへの施術を継続した。


6回:噛み締めたときの痛みもなくなり、日常生活できになることがなくなったとのことで終了とした。

使用したツボ

まとめ

顎関節の動きに問題が生じた場合、同側の首や肩甲骨にも動きの悪さやコリを発見できることが多い。
肩甲骨上角のツボを触れながら口を開けてもらうと、開けやすい感覚であったことから、このツボを中心に施術を行うことで徐々に動きが回復した。

提供:鍼灸院めぐる

症例提供