ツボネット ホーム

NEWガンガンする耐え難い偏頭痛

NEWガンガンする耐え難い偏頭痛

  • 患者

    男性

    17 歳

  • 来院

    2019年8月 ~ 2019年9月

  • 頻度

    週2~3回

  • 通院回数

    2回

症状

前から月に何回かガンガンするような偏頭痛に襲われる。この左偏頭痛に襲われると薬もあまり効かず、ただ耐えて過ごすしかないので学校にも行けない。病院での検査などはしているが異常はない。偏頭痛が出ている時は身体を動かすと増悪する。特に首を後ろに反ると強くなり辛い。

施術と経過

1回目
まず首を確認すると後ろ頭から首が張っている。その緊張を取るためにお尻とふくらはぎのツボを使い、首を後ろに反る時の偏頭痛の増悪はなくなり、少し楽になった。色々動いてもらい頭痛が増悪するのかを確認したところ歩くと振動で痛みが増す。ジャンプなど強い衝撃与えると痛みが増す事がわかった。お尻のツボを使い再度確認をするとだいぶ軽くなった。

2回目 2日後 前回の施術後まだ痛みはあったが、家に帰る頃になると気にならなくていいぐらいになっていた。今は頭が重たく違和感がある感じがする。いつもならこんなに早く頭痛が改善することはないとの事
安定させる目的で同様の施術を行った。

頭痛の調子を1ヶ月の間ちょこちょこ確認の連絡した所耐え難いような痛みは出ていない様子なので卒業となった。

使用したツボ

まとめ

今回の偏頭痛は後ろの首の過緊張が引き起こしていたのではないかと考えた。まず首全体を緩め、ピンポイントで施術を行った。長時間の座り過ぎがお尻を緊張させ、首にまで影響が出ていた。さらに安定されるために背中の柔軟性が出るようすにしてあげると頭痛もあまり感じに1ヶ月以上過ごす事が出来ている。頭痛には色々なパターンがあるがしっかり分析し、施術を行うと改善の兆しがみえてくる。 

担当スタッフ

片岡 興輔

提供:しらお鍼灸院

症例提供