ツボネット ホーム

症例を書いた鍼灸院:スギヤマ治療院

突然右耳に水が入ったような難聴、セミがずっと鳴いたような耳鳴り

突然右耳に水が入ったような難聴、セミがずっと鳴いたような耳鳴り

  • 患者

    女性

    50 代

  • 来院

    2019年8月 ~ 2019年9月

  • 頻度

    週2~3回

  • 通院回数

    6回

症状

3ヶ月前突然右耳に水でも入ったかのように音の聞こえが悪くなった。
それに伴い、頭の中でセミが鳴いてるかのような耳鳴りがするようになった。
耳鼻科に行き突発性難聴の診断を受け、「元のように戻るのは難しい」と言われた。
それから眠れる日も少なくなった。

当院に通われている方の紹介でご来院された。

施術と経過

精神的な安定、頸肩部の緊張、顎の違和感を寛解されることを目的に行った。

初回
背中の緊張も強く訴えを加味して頭部への鍼をした。
次に頸部の反応を見て足首のツボ、肩こりが強くあったので背中のツボに鍼をした。
それぞれ柔らかさが出たため終了

2〜4回
初回終了時、数ヶ月ぶりにぐっすりと眠れた。
施術は特に頚・肩部や顎の緊張を取ることを目的に行った。
耳の中で鳴いているセミの鳴き声が回を追うごとに小さくなっていくのがわかった。
まだ聞こえにくさはあるものの右耳に受話器を当てて通話をすることもできるようになった。

5回目
頸・肩部、顎の緊張を取ることに加えて頸から上に汗をかくことが多いので婦人科系を視野に入れてアプローチをした。
汗の問題もそうだが肩こりとの関連性も考えられる。
耳に関しては聞こえにくさや耳鳴りはあるものの通い始めた時と比べると格段にいいとのこと。

6回目
5回目終了後時間が経ち耳の中から水がドバドバ出てきてしまったんじゃないかと思うくらい聞こえ方がクリアになった。
顎の反応はないが肩こりが強くあったり、のぼせやすいような傾向にあるので再発を防止する目的で現在も定期的なメンテナンスを行っている。

使用したツボ

まとめ

突発性難聴やそれに伴う耳鳴りに関しては頚・肩や顎の緊張感や違和感による耳の中の内耳の血流不足によって生じることが多い。
その血流の改善を目的に頚・肩や顎の緊張感や違和感に対してアプローチをしていけばこの症例のように違いが見られることが期待できる。

症例を書いた鍼灸院:スギヤマ治療院

症例を書いた鍼灸院