ツボネット ホーム

NEW犬を介護したことによる腰痛

NEW犬を介護したことによる腰痛

  • 患者

    女性

    40 代

  • 来院

    2019年8月 ~ 2019年8月

  • 頻度

    1回通院

  • 通院回数

    1回

症状

3日前の夜、自宅の犬が下痢になり長坐位にて犬を抱えたまま寝ることになった。翌朝起きると立ち上がる事さえも難しい状況になり腰の筋肉が凝り固まった。自分で出来る湿布などをし安静にしていたが一向に良くなる傾向がなく連絡をいただいた。
来院時は待合室のソファーから立ちがるときに前方のものに掴まらないと動作が出来なかった。この動作をする度に“イテテッ”と声が聞こえる程だった。

施術と経過

立ち上がり動作の詳細をみると前方へ重心をかけ、腰を伸ばしていく過程で疼痛を感じていた。
そのため仙骨の緊張と考え、関連する小指のツボに鍼をした。その後同様の動作をして診てみると痛みなく立ち上がる事が出来た。『やや左の腰骨付近に重たさが残っている』という事だったので関連する肩甲骨外縁のツボに鍼をし症状を取り除いた。経過良好のため痛みが残るようであれば連絡をいただくよう伝え終了とした。

使用したツボ

まとめ

“イテテッ”と声に出てしまうのは身体を伸ばす動作時に仙骨が緊張し、他の組織が動いていても仙骨の可動性が乏しく伸展動作が妨げられていたものと思われる。原因と思われる『長坐位で寝てしまった…』という事も踏まえても見解は一致する症例である。

担当スタッフ

洲崎 和広

提供:すのさき鍼灸整骨院

症例提供