ツボネット ホーム

症例を書いた鍼灸院:すのさき鍼灸整骨院

右下腹部の突っ張りがぎっくり腰後から続く

右下腹部の突っ張りがぎっくり腰後から続く

  • 患者

    女性

    40 代

  • 来院

    2019年7月 ~ 2019年7月

  • 頻度

    週2~3回

  • 通院回数

    4回

症状

1か月前にぎっくり腰になり、整形外科で薬をもらい緩解された。しかし、右の下腹部に突っ張りが残り右の股関節に痛みを感じるようになった。この症状でも同じ整形外科に受診したものの『軽い炎症です』と診断を受け、以前と同じように湿布と痛み止めの処方であった。指導された通りに使用したが今回の症状には効果を感じられず、違う手段で探したところ当院へ連絡をいただいた。

動きづらく日常生活では、靴下を履きづらい。とにかく屈むのが億劫であり、掃除をするのにも一苦労であった。

施術と経過

股関節の屈筋群の緊張を考え、足指からアプローチした。
足指のツボに鍼をすると靴下を履く動作が可能になった。施術効果がすぐ現れたため、1回目を終えた。
2回目、『終わったときは良かったが少しずつ症状が戻ってきたようだ』とのこと。
股関節の緊張に関わる仙骨のツボと内転筋の緊張に関わる胸椎のツボを加えることにした。
3回目、『痛い時間が減った』とのこと。2回目終了まで薬を1か月ほど朝晩に飲み続けていたがこの一週間は朝の2回だけであった。膝の内側にあるツボを加え、さらに内転筋の緊張を緩めた。
4回目、『薬を飲んでいない、日常生活も仕事も問題ない』とのこと。
同様の施術をして全て終えた。

使用したツボ

まとめ

ぎっくり腰になると痛みを他の個所でカバーするため今回のように周辺関節に緊張を起こし、トラブルを招きやすい。また、股関節の屈筋群に緊張が起こったのも痛みが続いた要因と思えます。鍼施術ではシンプルに組み立て、足指からアプローチすることで改善を図りました。

担当スタッフ

洲崎 和広

症例を書いた鍼灸院:すのさき鍼灸整骨院

症例を書いた鍼灸院