ツボネット ホーム

中腰姿勢で酒のケースを持ったら時に発症した腰痛

中腰姿勢で酒のケースを持ったら時に発症した腰痛

  • 患者

    女性

    30 代

  • 来院

    2019年7月 ~ 2019年7月

  • 頻度

    週2~3回

  • 通院回数

    2回

症状

パチンコ関係の仕事をされている方
ケースに入っている景品のお酒を中腰の体勢で持ち上げた時に腰を痛めた。
上体を起こしたりすると痛みが+になる。
NRSスケールは8
くの字の姿勢をとったり、座っている場合は比較的楽であった。

施術と経過

初回
くの字の姿勢でご来院された。
痛みが強く出ているのは右の腰部。
動きとしては上体を起こすような動き、くの字の姿勢よりさらに深く曲げた際に痛みが出る。
施術前の時点では寝て施術を受けられるような状態ではなかった。
肩にある反応点で確認することとした。
炎症時に反応を示す点に圧痛がみられたのでそのツボに鍼をした。
上体を起こす事ができるようになり、うつ伏せでも寝られるようになった。
上体を起こす際に関係する腰部の反応があったため、膝裏のツボに鍼をした。
痛みはあるもののさらに動かせられるようになった。
次に前屈を行う時の反応を確認していくと脊柱の下部に圧痛がみられた。
ふくらはぎのツボに鍼をした。
先ほどまであった脊柱の圧痛は消失し、前屈も行えるようになった。

体を動かしてもらい、院内を歩いてもらうと下腹部に力が入りにくくなんか痛いとのこと。
背中とお腹の反応を確認しスネにあるツボに鍼をした。
下腹部にも力が入るようになった。
本人曰くNRSスケール8→1。

2回目
もうほぼほぼ良くなった。
しかし、気になるとすれば尾てい骨にある一点がツンと痛む。
その点と対応する肩のツボに鍼を行ったところその痛みは消失した。

使用したツボ

まとめ

ギックリ腰になり、寝ての状態で施術を行えない場合は非常に多い。
整動鍼では座った状態からでもギックリ腰に対するアプローチができる事を表した症例であった。

提供:スギヤマ治療院

症例提供