ツボネット ホーム

症例を書いた鍼灸院:スギヤマ治療院

鋼材を中腰で持ち上げた時に発症した腰痛

鋼材を中腰で持ち上げた時に発症した腰痛

  • 患者

    男性

    30 代

  • 来院

    2019年6月 ~ 2019年6月

  • 頻度

    週2~3回

  • 通院回数

    3回

症状

鋼材などを扱う会社で働かれている方。
100kg近い鋼材を左手でホールドし、中腰姿勢で持ち上げた際に左腰を痛烈に痛められた。
右側は何もなく、左側だけ痛みを感じる。
痛み場所としては左の腰部下位〜お尻にかけてが痛む。
動きとしては中腰姿勢、そこから戻す時に特に痛みを感じた。

施術と経過

初回
痛みが強く出ていた。
背中のツボの反応を確認し、炎症時などに有効な手のツボに鍼をした。
次に中腰の姿勢を取ってもらい左右の手を挙げてもらった。
右側はスムーズに上がり、左側は挙げにくい。
背中のツボの反応を確認し、スネのツボに鍼をした。
中腰の姿勢を取り、手を挙げてもスムーズに動かせれるようになった。
お尻の尾てい骨のキワが痛むため、ふくらはぎのツボに鍼をした。
その痛みは無くなった。
うっすらと痛みは残るものの来た時よりも幾分か良くなったためその回は終了した。

2回目
だいぶ良くなった。
強いて言えばお尻に痛みが残る。
前回も使ったふくらはぎのツボに鍼をした。
その痛みは消失した。

3回目
初回、2回目で気になっていた部位は何も気にならなくなった。
しかし、尾てい骨がピンポイントで痛む。
『そのピンポイントで痛むことによって何ができなくてお困りですか?』とお聞きすると『寝返りがうてない』と返ってきた。
実際に寝返りをしてもらうと右から左に向けて寝返りをうとうとするとその部位がピンポイントで痛む。
脊柱の反応を確認して右の下腿部外側にあるツボに鍼をした。
寝返りを再びうってもらってもそのピンポイントの痛みはなくなった。

使用したツボ

まとめ

中腰の姿勢から重たいものを持って生じたぎっくり腰の症例
激しく痛みが出ていたが関連する脊柱の反応をひとつひとつ抑えていくことで違いがみられた。
またその状態によって何ができなくて困っているのかなどといった問診も大きな手がかりとなった。

症例を書いた鍼灸院:スギヤマ治療院

症例を書いた鍼灸院