ツボネット ホーム

重いカバンを持ち上げようとして起きた、ぎっくり腰

重いカバンを持ち上げようとして起きた、ぎっくり腰

  • 患者

    男性

    40 代

  • 来院

    2017年9月

  • 頻度

    1回通院

  • 通院回数

    1回

症状

来院当日の朝、床からPC2台と仕事の資料が入ったカバンを持ち上げようとして突然、腰が痛くなった。
痛みをこらえて日中は仕事をしていたが、徐々に悪化。
立っても座っても楽な姿勢が見つからない。
ここ10年で4回ほどぎっくり腰を繰り返しているが、その度に鍼で改善している。
今回は職場にもっとも近い当院を探して来院された。

施術と経過

腰から背中の緊張を取り除くため、ふくらはぎとお尻のツボに鍼をしたところ、緊張が軽減。痛みは3割改善した。
前屈による痛みが残っていたため、股関節の硬さを緩める足背と膝のツボに鍼を打つと、痛みが消失。
施術終了とした。

使用したツボ

まとめ

痛みが出た状況を詳しく問診することで、多くの情報が得られる。
重いカバンを持ち上げようとした時に負担がかかるのは、腰だけではない。
背中や股関節、足元も見逃してはならないポイントである。
全ての動作の中心となる腰の痛みを改善するには、広い視野が必要である。

提供:はりきゅうルーム カポス

症例提供