ツボネット ホーム

全国の症例
養気院の症例

声が割れて聞こえる

全国の症例
養気院の症例

声が割れて聞こえる

  • 患者

    女性

    30 代

  • 来院

    2017年7月 ~ 2018年2月
  • 頻度

    週2~3回
  • 通院回数

    21回以上

症状

突発性難聴

3週間前、子供会の集まりに参加した際に左耳につまり感が出現。その夜、つまり感はどんどん強くなった。翌朝、つまり感は消失。しかし、仕事中、左耳で電話の対応をすると、声が割れて聞こえるようになった。仕事を早退し、耳鼻科で検査を行うと、左耳の聴力が低下していた。薬を処方され、1週間服用するも聴力の改善がみられない。
その後、他の病院を受診すると入院を勧められた。ステロイドの点滴、星状神経節ブロック、高気圧酸素療法を行う。2週間入院し治療を行うが、改善がみられず。入院中、他に治療法はないか探すと当院のホームページを見て、退院したその日に来院された。

施術と経過

頚や肩の筋肉の過緊張は耳周辺に悪影響を与えやすい。脚のツボに鍼をすることでその緊張を解いた。さらに背中のツボに鍼をした。施術後、耳鳴りは大きく感じ、眠気に襲われたとのこと。
3診目、同様の治療方針で頚や肩の緊張を緩める。左耳で電話をしてみると音が聞き取れるようになっていた。その後の聴力検査でも改善していた。
10診目、低音域の聴力がさらに改善していた。しかし、耳鳴りの音が強く気になる。
25診目、聴力は日常的に問題ないほどに改善した。「耳鳴りがなければ日常生活で不便がなく過ごせそう」とのこと。
38診目、気になっていた耳鳴りが、大幅に改善。耳鳴りが気にならなくなり、40回の施術で終了した。

使用したツボ

まとめ

病院で改善がみられず、あきらめかけていた聴力が改善した症例。半年間治療を続けた結果、日常生活で不自由なく過ごせるよう改善した。完全な回復とは言えないが、鍼治療の成果を十分に実感できる結果となった。このように、時間が経ってからの回復もあるため、医学的な常識とは何かを考えさせられる症例であった。

提供:養気院

症例提供

  • 養気院

  • 電話番号

    0270-74-3592

  • 最寄り駅・地域エリア

    群馬県伊勢崎市

  • 定休日

    日曜, 木曜

  • 詳しく見る