ツボネット ホーム

全国の症例
すのさき鍼灸整骨院の症例

抱っこ動作で痛めた腰

全国の症例
すのさき鍼灸整骨院の症例

抱っこ動作で痛めた腰

  • 患者

    女性

    40 代

  • 来院

    2019年4月 ~ 2019年4月
  • 頻度

    週2~3回
  • 通院回数

    2回

症状

仕事中(幼稚園教論)に子供を抱きよせようとしたところ腰にピキッとした痛みが走り、それ以降歩いたり座ったりするのが難しくなった。常時痛みがあり楽な姿勢が見つからず少しの移動も身体をくの字に顔を顰めながらようやくできる程であった。
これまでこのような痛みを感じたことなく不安を抱え、仕事にも大きな支障をきたすため連絡をいただいた。

施術と経過

中腰動作で腰を伸ばすことが出来なくなり、身体がその状態で過緊張を起こした(固まってしまった)と考えた。
動きをみると身体を伸ばそうとするときに痛みが発生していることがわかった。
そのため、仙骨の動きに関わる手のツボへ鍼をした。また、脛にある臀部の緊張と関係する2つのツボにも鍼をした。
座位での痛みは取れた。移動時の体勢は、くの字のままであった。

2回目(2日後)
『施術をした日の夜から痛みが取れてきた』とのこと。
歩容も正常になっていた。残る緊張を取り除き施術を終えた。

使用したツボ

まとめ

少ないツボで大きな変化が見られた症例であります。1回目を終えた段階で、身体はくの字のままでしたがその日のうちに痛みがない状態へ近づいていったのは『痛い』という感覚が解け『痛くない』と身体が認識できたからであります。それには多少のタイムラグがありましたが症状を追いかけることなく身体の緊張を診ることで予後を判断出来ました。それにより、余計な刺激を与えないことにも繋がったと思います。

担当スタッフ

洲崎 和広

提供:すのさき鍼灸整骨院

症例提供