ツボネット ホーム

症例を書いた鍼灸院:はりきゅうルーム カポス

子供を抱いたまま物を取ろうとして起きたぎっくり腰

子供を抱いたまま物を取ろうとして起きたぎっくり腰

  • 患者

    女性

    30 代

  • 来院

    2015年6月

  • 頻度

    1回通院

  • 通院回数

    1回

症状

3ヶ月前に出産、2ヶ月前に引っ越しをした。
4日前、立った状態で赤ちゃんを抱きかかえ、片手で物を取ろうとした時にぎっくり腰になった。
翌日、整形外科を受診。「異常無し」と診断を受けた。
授乳中のため薬が服用できないため、痛み止めも処方されなかった。

施術と経過

歩行時に左臀部に痛みがあったので、腰部に原因があると考えた。
腰のツボに鍼をしたところ、左臀部の痛みは消失した。
他の動きで痛みが出現しないか確認すると、中腰姿勢で腰に痛みが出た。
手のツボに鍼をすると、痛みが軽減。
さらに足のツボの鍼をしたところ消失したため、施術を終了した。

使用したツボ

まとめ

子供を常に抱っこしていたことで手に負担がかかり、さらに引越作業での負荷も原因となったと考えられる。
この症例のように、手の疲労が腰痛の原因になることは珍しくない。
腰痛は手や足など、多方面から影響を受けるため、視野を広げて原因を探すことが重要である。
患者さんの置かれている立場や環境が、そのヒントになることが多い。

症例を書いた鍼灸院:はりきゅうルーム カポス

症例を書いた鍼灸院