ツボネット ホーム

ソファーで寝てしまい、頚が動かない

ソファーで寝てしまい、頚が動かない

  • 患者

    男性

    30 代

  • 来院

    2014年10月

  • 頻度

    1回通院

  • 通院回数

    1回

症状

昨日の昼から肩の付け根が痛くなり、頚が動かなくなった。頚を動かすと右肩の付け根が痛む。動きを見ると、左右に振り向く動きが極端に悪く、下を向く動きにも制限があった。「一昨日の夜、ソファーで寝ていた事が原因かもしれない」とのこと。

施術と経過

頚の動きが改善するポイントを探していると、右腕を外旋(外ひねり)していると頚の動きが楽になる事がわかった。ならば反対の内旋(内ひねり)がしにくいのではないかと考えて、腕の内旋を調整する胸椎のツボに鍼をしたところ、頚の可動域が大幅に改善した。
加えて背中と足のツボに鍼をすると可動域がさらに改善し、わずかな痛みが残る程度までとなった。

使用したツボ

まとめ

ソファーで寝ていた姿勢が原因であったと考えられる。ベットと違い、ソファーでは身体を縮めて不自然な体勢を取ることが多い。
その結果、腕を不自然にひねった状態で寝てしまい、頚の動きに影響を与えていた。

提供:はりきゅうルーム カポス

症例提供