ツボネット ホーム

勉強時間が増えて悪化した、頚から肩にかけてのコリ

勉強時間が増えて悪化した、頚から肩にかけてのコリ

  • 患者

    男性

    20 代

  • 来院

    2014年9月

  • 頻度

    1回通院

  • 通院回数

    1回

症状

もともと軽い肩こりはあったが、1ヶ月程前から頚から肩にかけて、重く嫌な感じが少しずつ強くなってきた。左右差はない。
資格取得のために自宅で勉強時間を増やしたからではないかと、本人の推測。月に一回程度のペースでマッサージに通っていたが、症状の悪化をきっかけに鍼治療を検討。
当院のウェブサイトに掲載されている「患者様の声」が目に留まり来院。

施術と経過

頚から肩にかけての重く嫌な感じは、肩甲骨内縁と坐骨の2ヶ所に原因があると考えた。臀部のツボに左右2カ所ずつ鍼をすると、頚の付け根から肩にかけての重さが無くなり、それまで気づかなかった頚筋のコリが目立つようになってきた。肩甲骨内縁のツボ左右1ヶ所ずつ鍼をしたところ、頚筋のコリも消失した。

使用したツボ

まとめ

肩甲骨内縁のコリは、普段の姿勢だと肩甲骨の下に隠れているため見逃されやすい。
それに加えて勉強時間の増加により椅子に座る時間が増え、臀部が長時間圧迫されて症状が悪化したと考えられる。

提供:はりきゅうルーム カポス

症例提供