ツボネット ホーム

全国の症例
はりきゅうルーム カポスの症例

耳の閉塞感、高い音がキンキン入ってくる

全国の症例
はりきゅうルーム カポスの症例

耳の閉塞感、高い音がキンキン入ってくる

  • 患者

    男性

    40 代

  • 来院

    2016年6月 ~ 2016年9月
  • 頻度

    週2~3回
  • 通院回数

    21回以上

症状

来院17日前。朝起きると左耳が聞こえず、同時に強いつまりを感じていた。
翌日、大学病院を受診すると「突発性難聴」との診断。ステロイドを処方され、5日間服用した。
しかし改善が見られず、入院してステロイド点滴治療を10日間行った。
その結果、音が全く聞こえなかった状態から、高い音がキンキン入ってくるようになった。
思うように回復していかないことに焦りを感じ、インターネットで他の治療法を検索。当院のHPにたどり着き、来院された。

施術と経過

耳の状態は鼻と密接な関係にあるので、問診で尋ねたところ「そう言えば小さい頃から鼻炎があり、入院中に鼻のつまりが強くなっていた」とのこと。
鼻に関係する肩のポイントに触れると顕著なコリが見つかったので、手・肘・足のツボに鍼をして緩めた。すると、直後から鼻のつまりが軽減した。

2回目の施術後に行った聴力検査では、全ての音域で聴力が回復していた。感覚的にも「日々聞こえるようになってくるのが実感できる」とのこと。

13回の施術で日常生活で困ることはなくなった。16回目の施術後に行った聴力検査では、中音域を除く全ての音域で正常範囲まで回復。

「ピー」という耳鳴りが少し残っていたが、19回目の施術で右の背中のツボに鍼をすると耳に響き、その後5回の施術で耳鳴りもほぼ消失。耳の状態も安定したため、終了とした。

データ

使用したツボ

まとめ

耳と鼻の状態は密接に関わっている。突発性難聴の方は鼻炎を患っているケースが多く、必ず問診で尋ねるようにしている。
鼻炎の症状がある場合はそこにアプローチすると、耳の症状が改善する例が多い。

提供:はりきゅうルーム カポス

症例提供