ツボネット ホーム

生理初日の腹痛と吐き気

生理初日の腹痛と吐き気

  • 患者

    女性

    30 代

  • 来院

    2018年10月 ~ 2018年11月

  • 頻度

    週2~3回

  • 通院回数

    4回

症状

4歳と1歳半の子供の2児のおかあさん、専業主婦。もともと生理時の腹痛や身体のダルさはあったがそれほどきつい症状ではなかったが二人目の産後、生理の初日に起きるのも辛い腹痛と発作的な吐き気を生じるようになり特に朝の吐き気がひどい。そうなると子供の幼稚園の送迎が出来ずに困っている。一番きついのは初日で生理二日目からは徐々に緩和してくる感じ。

もともと肩こり治療で当院に通っていたが、生理痛の相談を受け再度来院に至る。

施術と経過

生理の初日に強い症状が現れるということであったので、生理周期をさかのぼり生理初日と予想される日の2週間前から施術を開始し、生理初日まで4回施術をして状態を観ることとした。
お腹と背中の硬さを良く観察しそこから選んだ足にあるツボに鍼をして10分ほど置き、お腹と背中の硬さが十分に緩んだことを確認して施術を終えた。
同様の施術を4回行ったところ、多少のけだるさはあるものの先月までのような起き上がれないようなこともなく腹痛と吐き気に襲われることもなく、いつも通りに過ごせたと報告をいただいた。

使用したツボ

まとめ

一生のうちの大半を生理と付き合っていかなければならない女性にとって日常生活に支障があるような生理痛は深刻な問題です。生理痛の原因はたくさん言われていますが当院ができる生理痛のサポートとして生理痛と関りの深い子宮や卵巣周辺のお腹の状態を鍼を用いて軟らかくすることができます。身体全体をリラックスさせることも大切ですが、子宮卵巣周りをピンポイントに緩めることができる鍼の施術は生理痛の症状緩和ににおいても大きな成果を発揮できます。

担当スタッフ

渡辺拓朗

提供:三島渡辺治療院

症例提供