ツボネット ホーム

頬がこわばり、長時間しゃべれない

頬がこわばり、長時間しゃべれない

  • 患者

    男性

    40 代

  • 来院

    2014年7月

  • 頻度

    週1回程度

  • 通院回数

    2回

症状

10年以上前から頚と肩のこりに悩んでいる。3、4年前から頬のこわばりが気になり始めて、徐々に悪化し現在に至る。
頬がこわばるため、口が固くて動きづらい。しゃべる時に気になり、長くしゃべり続けることができない。

施術と経過

この頬のこわばり感は、項(後頚部)のコリと連動したものであると考えた。身体を診ると腰部の緊張が目立っていたため、腰部から調整して行った。その上で背部(肩甲骨内縁)と手足のツボに鍼をすることで、項の緊張を緩めた。1回の施術で大幅にこわばりが軽減した。
2回目の施術で、頬のこわばり、肩のこりが共にほぼ解消した。

使用したツボ

まとめ

このような顔の症状に対しては、原因となっている後頚部に働きかけなければ、改善したとしても一時的なものになってしまう。
こわばりそのものを問題視するのではなく、背景にある体の癖に注目することが重要である。
着眼点がピタリと合えば、今回のケースのように、1~2回の施術で10年前からの肩こりと3、4年前からの顔のこわばりを解消することもできる(もちろん、すべての症状が数回で解決するとは限らない)。
視点を変えれば、豊かな表情はしなやかな項から生まれると言える。

提供:養気院

症例提供

  • 養気院

  • 電話番号

    0270-74-3592

  • 最寄り駅・地域エリア

    群馬県伊勢崎市

  • 定休日

    日曜, 木曜

  • 詳しく見る