ツボネット ホーム

耳鳴りを伴う五十肩

耳鳴りを伴う五十肩

  • 患者

    女性

    80 代

  • 来院

    2018年8月
  • 通院回数

    1回

症状

7月下旬頃から腕を挙げる動作で痛みを感じ始める。

着物の着付けの仕事がら、腕や肩に力が入り痛みが増していた。

腕を横から上へ、前から上へ挙げる動作で肩に痛みが出現。

何故か、肘を曲げた状態では腕を挙げることが出来、肘が耳元まで挙がったところから頭上へ腕を伸ばすことは可能。

また、首を横に倒すと耳鳴りが出現する。

家族に相談したら「腕が使えなくなるのでは」と心配され、娘が通っている鍼灸院を紹介され来院した。

施術と経過

首から右肘にかけて筋肉の緊張がみられた。そのため肘を伸ばす動作がスムーズに出来なくなっていた。

先ずは首から右肘にかけての筋緊張を緩めるため、腰のツボへ鍼を行った。その結果、腕を前方から挙げる、肘を伸ばすという両方の動作が楽になった。

この時点でまだ、十分に腕を挙げることが出来ていなかったため、背中の硬さに注目した。肩甲骨の外旋動作と関係が深いと判断、スネと足首のツボで調整を行ったところ改善した。

次に、肩の中腹の方に残っていた筋緊張を手の甲にあるツボを選び刺鍼したところ、腕を横から挙げる動作が楽になった。

前方、横どちらの腕の動作もスムーズに行え、首を横に倒すと出現していた耳鳴りも消失したことから、今回の施術は終了した。

使用したツボ

まとめ

仕事のための長距離移動と、着付けという力仕事で蓄積された疲労が、足腰や腕から伝わり肩に症状として出現していた。

そこで、頻繁に使い疲労を貯め込んでいる足腰、手先の緊張を緩めるという着眼から施術を組み立てたことで、早期に改善できた症例でした。

症例提供