ツボネット ホーム

全国の症例
鍼灸・活法整体いろは治療院の症例

コメカミと目頭の痛み

全国の症例
鍼灸・活法整体いろは治療院の症例

コメカミと目頭の痛み

  • 患者

    女性

    20 代

  • 来院

    2017年6月 ~ 2017年7月
  • 頻度

    週1回程度
  • 通院回数

    4回

症状

鍼による頭痛の改善例

10日くらい前から、PCを使っての仕事中、右の目頭・左コメカミのあたりが重く痛くて仕事に集中できない。また、右の肩・首は日頃から張っていて、今日は特につらい。

頭痛薬など薬を服用するのが嫌なので普段は整体に行っている。今回も3回、整体院に行ってみたが、痛みは取れず。

職場の同僚に鍼で改善したというのを聞いて来院。

施術と経過

右の首から肩・肩甲骨内縁にかけての張りに対して、腰のツボと骨盤のツボに鍼を行うと、張りと凝り感は大幅に改善。頸の側面の張りが残るため手の張りに鍼をすると解消。この時点でコメカミ・側頭部の痛みは9割改善する。

目頭の痛みが残っているので手のツボに鍼をすると7割くらいの改善がみられたので終了する。

2診~3診(週に1回)では、夕方になると少し痛みを感じることがあったが、仕事は集中してできるようになる。

4診目(3診から2週間後)、痛みを感じることは無く、肩や首の凝り感も辛くならずに過ごせるようになった。
症状が安定しているので終了した。その後は月に1~2回の間隔で通院中。

使用したツボ

まとめ

仕事が多忙だったために「いつも気になる場所」に普段以上の疲労が加わったため、頭痛が発生したと考えられる。
しかし、「気になる場所の原因」が腰や骨盤と深く関わっていることもあるという症例。

提供:鍼灸・活法整体いろは治療院

症例提供