ツボネット ホーム

全国の症例
はりきゅうルーム カポスの症例

こめかみがズキンズキン、頭頂部~おでこにかけてビリビリする

全国の症例
はりきゅうルーム カポスの症例

こめかみがズキンズキン、頭頂部~おでこにかけてビリビリする

  • 患者

    女性

    60 代

  • 来院

    2014年11月
  • 頻度

    2回通院
  • 通院回数

    2回

症状

数十年来、常に頚や肩にコリを感じていて、定期的にマッサージなどに通い体をケアをしている。
1週間前から突然、右のコメカミにズキンズキンする頭痛が起こった。
同じ時期から、頭頂部からおでこにかけて、押すとチクチク・ビリビリするような痛みもある。
病院を受診したところ「高血圧」が原因の頭痛だと言われた。
内臓疾患を複数抱えており、これ以上薬を増やしたくないとの思いから来院。

施術と経過

頚の動きをチェックしたところ、上向きと右向きの動きで、頚の右側に痛みが出た。
右肩甲骨と右手のツボに鍼をしたところ、頚の可動域が大幅に改善し、右頚の痛みは消えた。
肩のコリを緩めるために腰のツボに鍼をすると、肩こりがなくなり、コメカミの痛みをはっきり感じるようになった。
最後にコメカミの痛みに対して、右手のツボに鍼をすると痛みが気にならない程度まで軽減。
1週間後の2回目の来院時には「前回の施術後からほとんど頭痛を感じない」とのこと。

使用したツボ

まとめ

慢性的な頚肩コリが引き起こした、頭痛の典型例な症例と言える。
また頚の可動域が悪くなると頭痛を引き起こすので、動きの改善が重要である。

提供:はりきゅうルーム カポス

症例提供