ツボネット ホーム

症例を投稿した鍼灸院:養気院

NEW「キーキー」という高音の耳鳴り

NEW「キーキー」という高音の耳鳴り

症状

10日ほど前から左耳に耳鳴りを感じた。その数日前にめまいの症状があったが消失している。
前月にスポーツの練習中に後頭部から地面に落下して入院治療を受けていた。
耳鳴り発症から4日後に耳鼻科を受診したところ、聴力や平衡感覚の検査はいずれも異常がみられなかった。
「キーキー」という音が四六時中鳴っており、静かなところにいると気になる。
寝た状態で頭の角度を変えると音が強くなったり、音色が変わったりする。

  • 来院者

    男性

    20 代

  • 期間

    2021年5月 ~ 2021年5月

  • 頻度

    週2~3回

  • 通院回数

    6回

施術と経過

患者の身体に触れて確認したところ、頚から肩にかけて緊張がみられた。起立筋の緊張度合いにも左右で違いがみられ、左側に顕著な硬さがあったため、背部のツボに鍼をした。このほか、頚〜肩の緊張をゆるめるため、臀部、下腿のツボに鍼をした。
2診目。音がやや小さくなり、前よりも高く聞こえるようになった。
3診目。高音が気になるが、音はそれほど大きくない。
4診目。あまり変化なし。首を曲げる角度によって音が大きくなる。
5診目。音はあまり出なくなり、就寝時にもあまり気にならない。上を向いたときに首がしっくりこない感覚があるとのことなので、手首にあるツボで調整した。耳鳴りの主観的な程度は当初を10とすると2くらいにまで減っている。
6診目。高音のキンキンする音がなくなり、楽に寝られるようになった。首を曲げる角度によっては耳が鳴ることがある。首の緊張を取るため、足のツボ、腰部のツボに鍼をし、終了とした。

使用したツボ

ツボのアイコンからツボの詳細が見られます

まとめ

左右の緊張を比べてみたときに、症状のある左側に緊張が目立って強い部位がみられた。それらの部位の緊張をゆるめることのできるツボを選択し、緊張のバランスを整えていった。発症からそれほど日が経っていなかったこともあり、比較的短期間で改善をみることができた例である。

症例を投稿した鍼灸院:養気院

症例を投稿した鍼灸院

  • 養気院

  • 電話番号

    0270-74-3592

  • 最寄り駅・地域エリア

    群馬県伊勢崎市

  • 定休日

    日曜, 木曜

  • 詳しく見る