ツボネット ホーム

症例を投稿した鍼灸院:ふくぎ鍼灸院

NEW高校受験で発症した昼食後の左下腹部痛と下痢

NEW高校受験で発症した昼食後の左下腹部痛と下痢

症状

3年前の高校受験時のストレスが発端で、左下腹部の痛みと強い下痢を発症するようになった。

大学受験が近く、腹痛の症状が勉強の妨げになっている。昼食時、学校や塾など人が多くてトイレが行けない状況に起こりやすい。

処方薬で軽快したが、昼食後の腹痛と下痢は続いている。

昼食時は食べ物が喉を通るだけでも腹痛が起こるため、スープのみにしている。

消化器内科では過敏性腸症候群との診断。イリボー・桂枝加芍薬湯を処方され、食事指導も受けた。

インターネットで当院を見つけ、受験に向けて症状を改善したくて来院した。

  • 来院者

    女性

    10 代

  • 期間

  • 頻度

    週1回程度

  • 通院回数

    6回

施術と経過

お腹を触診すると胃の周囲や季肋部、左下腹部が硬く緊張し不快感があった。

食中食後に症状が悪化することから腸だけでなく胃も関連していると考え、手のツボに鍼をした。すると胃の周囲の硬さと不快感が減弱した。

下腹部の硬さは腹痛が起きる場所と一致していたため、下腹部の硬さを緩める足のツボに鍼をした。

すると下腹部の硬さが緩み、患者もお腹の緊張が緩んだことを感じた。

2回目の施術時には昼食後の腹痛は毎日起こっていたものが週1回に減っており、症状の強さも最大の時と比較して半減していた。

3回目の施術時には下痢は改善されていたが便秘になっていたため、便秘やお腹の張りへの治療を行った。

5回目の施術時には便秘が解消され、腹痛も少しある程度になっていた。食事の量も少しずつ増やしているとのことだった。

6回目の施術時にはイリボーを飲まなくても症状が出ない日が増え、昼食もおにぎりが食べられるようになったと報告を受けた。

症状が気にならなくなり、受験に集中して取り組めるようになったため通院を終了した。

データ

使用したツボ

ツボのアイコンからツボの詳細が見られます

まとめ

受験勉強へのストレスがきっかけとなり、過敏性腸症候群を発症することはよくある。

今回は高校受験が終わった後も症状が続き、次の大学受験で再び悪化したケースだった。

受験間近の来院だったが、数回の治療で症状は軽くなり受験当日までに体調を整えることができた。

症例を投稿した鍼灸院:ふくぎ鍼灸院

症例を投稿した鍼灸院