ツボネット ホーム

症例を投稿した鍼灸院:すのさき鍼灸整骨院

NEW日曜大工で痛めた腰

NEW日曜大工で痛めた腰

症状

4日前に自分の部屋の本棚を制作した。製作中は痛みもなかったが終えると次第に腰部に激痛を感じた。狭い部屋で縮こまり作業をして、それが続いたからではないかと思っている。現に左脚が上がらず、寝起きがとても辛い。過去に腰椎椎間板ヘルニアの既往もあり、整形外科へ行こうか迷ったが家族の勧めもあり当院へ来られた。

  • 来院者

    男性

    30 代

  • 期間

    2021年2月 ~ 2021年2月

  • 頻度

    週2~3回

  • 通院回数

    3回

施術と経過

発生状況から身体の偏り・アンバランスに注目すると臀部・腰部・仙腸関節を中心に過緊張がみられた。そのため、肩甲骨内縁のツボ・臀部のツボを使った。仕上げに股関節の緊張を解くと『片足で靴下を履くことが出来た』と喜んでいた。
2回目、『反る動きは良くなったが中腰の動きの時に重い感じがある』とのこと。
脛のツボでこの動きに対応した。
3回目、『だいぶ良いがあらゆる動作時に股関節の前に違和感が残っている』とのこと。
腰部のツボで対応すると違和感が消失したため施術を終えることにした。

使用したツボ

ツボのアイコンからツボの詳細が見られます

まとめ

狭い部屋だったため、間違った身体の使い方をして痛めたものと思われます。また、普段行わない日曜大工の作業も加わり腰部には大きな負担となっていました。本件のポイントは、発生状況から重心に注目し施術を行ったところであります。

担当スタッフ

洲崎 和広

症例を投稿した鍼灸院:すのさき鍼灸整骨院

症例を投稿した鍼灸院