ツボネット ホーム

症例を書いた鍼灸院:すのさき鍼灸整骨院

黙っているのが辛い首の違和感、上を向くとさらに痛む

黙っているのが辛い首の違和感、上を向くとさらに痛む

症状

5月連休前後は書類チェックなどいつもの倍以上机に座り事務作業が続いた。それからは首に違和感がずっとあり黙っていてても凝り固まったように感じる。あるとき首を回そうと過度に上を向こうとしたときからさらに痛みが増してきた気がする。仕事をしていても集中できず上を見ることが辛くなってきたため相談いただいた。

  • 来院者

    男性

    30 代

  • 期間

    2020年5月 ~ 2020年5月

  • 頻度

    1回通院

  • 通院回数

    1回

施術と経過

来院日、側頭部あたりを示した痛みもあり上を向くとさらに痛みが増す状態を確認した。そこで臀部のツボ・ハムストリングスのツボに鍼をした。鍼をとると肩の重たさが取れたとのこと。頸部に緊張が残っていたため仙骨のツボを使い仕上げた。
最後に症状の消失と上向き可能になった動きの改善をチェックし終えた。

使用したツボ

ツボのアイコンからツボの詳細が見られます

まとめ

座る時間が長かかったことで臀部の緊張が肩こり・頭痛を招いていた症例であります。そこで臀部の緊張や座ったときに緊張しやすいハムストリングスの緊張を取ることで改善へと繋げました。職業から紐解いた症例でありますが、部分の痛みをどこから影響を受けているのかと言う全体を捉える広い視野をもつことで早期に改善を図ることが出来ました。

担当スタッフ

洲崎 和広

症例を書いた鍼灸院:すのさき鍼灸整骨院

症例を書いた鍼灸院