ツボネット ホーム

症例を書いた鍼灸院:はりきゅうroom タスケ

足首の内側が、何もしていなくても発作的に痛くなる

足首の内側が、何もしていなくても発作的に痛くなる

症状

2週間前から、左足の内くるぶしと土踏まずの間が「ビリビリ」数秒ほど痛み、その後も発作的に痛みが出現するようになった。
整形外科でレントゲン検査をしても、骨に異常はなく「扁平足からの足底筋膜炎」と告げられた。足底板(インソール)、湿布をしているが、一向に改善されない。

  • 来院者

    女性

    40 代

  • 期間

    2020年3月 ~ 2020年4月

  • 頻度

    週1回程度

  • 通院回数

    5回

施術と経過

歩き方が反り腰(お腹を突き出して歩く)になっており、患者本人に尋ねたところ、以前から癖になっていると話してくた。左足の痛みと関係があると考えて、ふくらはぎのツボで調整を行なった。次に内踝の痛みに対応する膝下のツボに鍼を行う。すると、痛みが軽減されて足底筋の緩みも得られた。
2回目、左足の痛みは7割程は軽減されている。脚(膝から下)が重たく感じるということから、仙骨のツボを追加した。
その後、施術を重ねるごとに反り腰で歩く癖が改善されていった。
4回目の施術後から、痛みが出ていないことから、5回目で終了とした。

使用したツボ

ツボのアイコンからツボの詳細が見られます

まとめ

足首内側の筋肉が緊張することで痛みを引き起こしていたと考えられる。仙腸関節の調整を行うことで、本来の歩き方を取り戻して足首の負担が減った。また、足底とふくらはぎの緊張を緩めることで、歩行がより滑らかに行えるようになり、症状は改善された。

症例を書いた鍼灸院:はりきゅうroom タスケ

症例を書いた鍼灸院