ツボネット ホーム

捻挫の後、2ヶ月経っても足首の痛みがとれない

捻挫の後、2ヶ月経っても足首の痛みがとれない

  • 患者

    女性

    20 代

  • 来院

    2018年3月 ~ 2018年4月

  • 頻度

    週1回程度

  • 通院回数

    4回

症状

2ヶ月前に、階段で右の足首を捻って(内反捻挫)痛めた。
整形外科では全治3週間と診断。しかし2ヶ月以上経ったても、しゃがむ・ふみこむ動作をする度に右足首が痛む症状が続くため来院。

施術と経過

左右の足首を比べると、少し腫れはあるものの熱感はない。右の前脛骨筋が硬かったため、緩める目的で背中に鍼をした。
1週間後、足首の痛みは10→10と変化がなかったため、原因は他にあると考えた。
腓骨頭の周りを確認すると硬くなっているポイントを見つけたため、その場所に鍼をした。直後、しゃがむ動作・踏み込む動作での痛みが10→4へと変わる。その後、同様の施術を2回行うことで、しがんだり・踏み込んでも大丈夫な状態になった。

使用したツボ

まとめ

足関節捻挫の慢性期であり、前脛骨筋を緩めることを目的に初回は施術を行ったが、うまく変化を出すことができなかった。
整動鍼による、腓骨と足関節の連動関係を利用することによって、少しずつ足首の可動域が回復して痛みも取れていった。

提供:はりきゅうroom タスケ

症例提供