ツボネット ホーム

症例を書いた鍼灸院:ゐろは鍼漢院

ゴルフの練習後発症した五十肩

ゴルフの練習後発症した五十肩

症状

半年前にゴルフの練習後より、右肩の痛みを発症。
手を伸ばしたり高いものを取る時に右肩の前部に痛みを感じる。

日常動作は神棚の水を取り替えるのが一苦労。
また、朝方、同部位が疼くため早朝に目が覚める。

肩以外に、右の股関節が、歩行時に痛むことがある。右手示指、中指に痺れ。
半年間、マッサージや整体に通ったが、変化がないので、知人の紹介で来院。

  • 来院者

    男性

    60 代

  • 期間

    2019年7月 ~ 2019年8月

  • 頻度

    週2~3回

  • 通院回数

    7回

施術と経過

初回)肩の前部の筋肉を緩める目的で、背中で反応が顕著であったツボと、肩甲骨の外側のツボに鍼を行う。

経過:初回後2〜3日は調子が良かった。

2回目)初回のツボに加え、下肢にある肩と関わりの強いツボにに鍼を行ったところ、左肩まで響く感じがあり、施術直後から、スーっと痛みが軽減した。

経過:施術後2〜3日で痛みが再燃。

3〜5回目)
施術を重ねる度に、手を上げる姿勢がスムーズに、痛みなくできるようになる。指の痺れも4回目以後消失。しかし、施術後2日立つと少しずつ痛みが再燃する。

6〜7回)
肩と股関節の動きに関わる足首のツボに鍼を行う。施術後歩行を確認すると、右股関節の動きがスムーズになり、肩も、今まで異常に楽になる。
経過:7回目の施術後、1週間経過をみてもらい、症状の再燃がないため、週2回の定期的な施術を終了とした。

その後は再発予防と健康管理のため、3週間に1度通院中。

使用したツボ

ツボのアイコンからツボの詳細が見られます

まとめ

五十肩は、背骨や、腰など、肩以外の疲労や筋緊張が肩本来の動きを妨げ、肩が不自然な動きを繰り返した結果、発症することが、多い。

本症例は、胸椎と下肢・股関節の緊張が五十肩の原因と捉え施術を繰り返したところ、速やかな改善が観察された。

症例を書いた鍼灸院:ゐろは鍼漢院

症例を書いた鍼灸院