ツボネット ホーム

症例を書いた鍼灸院:すのさき鍼灸整骨院

どんな動きをとっても同じ場所が痛い

どんな動きをとっても同じ場所が痛い

症状

2日前に雪かきをして、それから腰の調子が悪い。日に日に痛みが増していき来院日の朝には起きるのがやっとの状態であったことから連絡をいただいた。屈む動作や反る動作を行うとピリッと同じ場所に痛みを感じ、静止時には重だるい感じがある。
問診の中で、最近はパイプ椅子で休むことが多く仲間と談笑しているときに右の足が痺れてくることがある。長い時間硬い面の椅子には座っていたくないと言う感覚が最近はあると言うことを確認した。

  • 来院者

    男性

    30 代

  • 期間

    2020年3月 ~ 2020年3月

  • 頻度

    1回通院

  • 通院回数

    1回

施術と経過

動作時には腸骨稜付近を示していたことから周辺部と関連する部に目を向けた。その中でハムストリングスの緊張が強かったためそこに鍼をした。すると動作時痛は8割ほど取れた。続いて、殿筋の緊張を考え動きでみると股関節外旋制限がみられた。そこでふくらはぎのツボに鍼をすることで動きを調整した。この時点で動作時痛・静止時のだるさが消失したため施術を終えた。

使用したツボ

ツボのアイコンからツボの詳細が見られます

まとめ

ハムストリングスの緊張が腰部に負担をかけていた症例であります。痛む所がポイントであったため少ない刺激でも十分な効果を感じてもらえることが出来たと思います。仕上げに股関節の動きを整えることでさらに状態を高めることが出来たのもよかったと思います。

担当スタッフ

洲崎 和広

症例を書いた鍼灸院:すのさき鍼灸整骨院

症例を書いた鍼灸院