ツボネット ホーム

全国の症例
快気堂鍼灸院白石の症例

生理になると発症する、性器の痛だるさ

全国の症例
快気堂鍼灸院白石の症例

生理になると発症する、性器の痛だるさ

  • 患者

    40 代

  • 来院

    2018年1月
  • 頻度

    1回通院
  • 通院回数

    1回

症状

生理初日になると、下腹部の軽い痛みと共に、性器がとても痛だるくなる。そのせいか足も重だるく感じ、立っているとつらい。出産後より症状が出るようになった。
生理の時だけの痛みであり、場所が場所だけにあまり相談できず、どうしていいかわからずにいたところ、当院のブログを見つけ,来院を決意した。

施術と経過

痛みのあるときに,来院されたため、腹部の該当する場所に強い緊張があった。
対応する膝周りのツボに鍼をした。下腹部に痛みもあったため、対応する足首周りのツボに鍼をした。腹部の緊張がとれ、性器の周りの痛だるさも,腹部の痛みも消失したので、施術を終了とした。

使用したツボ

まとめ

病院の検査で原因が分からないような生理時の性器周りの痛みは、生理で崩れた身体の緊張のバランスが関わっていることが多い。
はり施術であれば、ピンポイントで緊張のバランスを調整できるため、身体に負担をかけず施術することができる。
「どこに相談してよいかわからない」という方のお悩みをできるだけ減らしていきたい。

提供:快気堂鍼灸院白石

症例提供