ツボネット ホーム

症例を書いた鍼灸院:すのさき鍼灸整骨院

夜中に目が覚めてしまう背中の痛み・張り感

夜中に目が覚めてしまう背中の痛み・張り感

症状

1週間前から背中の痛み・張り感を感じここ数日は夜中に症状が増すことで目が覚めてしまう。お風呂に入るとその時は緩解されるがその場しのぎであり、さすがこの生活が続くとなると身体の負担になるため悩んでいた。インターネットで調べるとストレッチポールに乗るストレッチ方法が紹介されており実践してみた所、より痛みを感じるように自分では対応不可と思い当院へ連絡をいただいた。

  • 来院者

    30 代

  • 期間

    2020年1月 ~ 2020年1月

  • 頻度

    1回通院

  • 通院回数

    1回

施術と経過

肩甲骨の内上角を中心に肩甲骨の内縁にそって緊張がみられ、深呼吸を促すとこの部が広がるときに症状が現れる。また、デスクワークを主体としたお仕事だったことから臀部と肩甲骨の関連を伺った。臀部には特異的な緊張がみられため、その部に鍼をし、肩甲骨内縁の緊張を和らげた。そして、お腹の緊張も確かめた。臍を中心に下腹部に緊張があったため、肘や足のツボを使うことで緩めた所深呼吸の痛みは消失した。また、腹部の施術中冷えていた足も温まり少しウトウトした様子も見れたため施術を終えた。
3日後、普段通りに生活出来ている旨の連絡をいただき終了となった。

使用したツボ

ツボのアイコンからツボの詳細が見られます

まとめ

睡眠時の痛み=深呼吸ではないが肩甲骨の内縁の緊張が睡眠時の障害となることが多いと思います。このような時には、関わる臀部や腹部のチェックを欠かせません。今回は深呼吸と言う動き・メカニズムを考え施術につなげることで症状を取り除くことが出来ました。

担当スタッフ

洲崎 和広

症例を書いた鍼灸院:すのさき鍼灸整骨院

症例を書いた鍼灸院