ツボネット ホーム

NEW背中が伸びず歩行動作が困難

NEW背中が伸びず歩行動作が困難

  • 患者

    男性

    40 代

  • 来院

    2019年8月 ~ 2019年8月

  • 頻度

    ほぼ毎日

  • 通院回数

    2回

症状

2日前に自宅の庭にてプランターを持ち、隣の場所へ移動するときに腰にズキッとした違和感を感じ『骨がズレてしまう感覚』を覚えた。それ以降痛くならないように気を付けて過ごしていたが昨日、喫煙室にてしゃがんでいて立つときに腰に鈍い痛みを感じた。夜にかけて痛くなり、来院日には起床動作が一番つらく起き上がるまで2時間ほどかかった。奥様に来院歴があり連絡をいただいた。

施術と経過

疼痛部位と発生動作から、ハムストリングスと仙腸関節の捻じれを考え施術にあたった。対応する肩甲骨外縁のツボ・脚のツボに鍼をすると緊張が緩んだ。最後に肩甲骨内縁ツボを使い、腰骨付近に残る痛みを取り除いた。
『来た時よりはいい、半分程度ですかね』と言われていたので一回目の施術を終了した。

3日後の2回目、『2日連続夜勤だったが問題なかった。あれから腰の調子がさらに良くなり痛みも感じなかった』とのこと。同様の施術をし、再発防止に努めた。

使用したツボ

まとめ

発生動作から体が捻じれ、バランス機能に異常が見られていました。重心を整えることで本来もつ動きが再現され『動ける』と言う自信が症状を好転させたと思われます。また、1回目の施術時に刺激量を考え半分程度で終え身体の連動の回復を待ったのも良かったと思います。

担当スタッフ

洲崎 和広

提供:すのさき鍼灸整骨院

症例提供