ツボネット ホーム

NEW屈むとお尻に響く腰痛

NEW屈むとお尻に響く腰痛

  • 患者

    男性

    30 代

  • 来院

    2019年7月 ~ 2019年7月

  • 頻度

    ほぼ毎日

  • 通院回数

    2回

症状

看護師をしており、患者さんを介護するとき中腰になり移乗を手伝おうとすると腰に鈍い痛みを感じたのは一週間前。それからも腰に違和感は続き身体を動かすことが怖い状態だった。来院される前日は夜勤であり、忙しかった。屈むと腰から臀部までの痛みが再現される。
症状が増悪傾向にあるため夜勤後に連絡をいただいた。

施術と経過

中腰の動き、屈む動きに注目して背骨の反応を診ていった。すると緊張が見つかったので対応する足のツボに鍼をした。動きやすさは半分程度回復し、大腿後面のつっぱりが残った。そこで肩甲骨外縁のツボに鍼をした。すると中腰・屈む動き共に動きやすくなった。

2回目、翌日に行う。『中腰になっても痛くない、屈むとやや痛む程度。昨日より調子が良い、夜勤だけどそんなに気にらなかった』とのこと。そこで同様の施術を行うと残っていた緊張が無くなったため『痛むようだったらまた連絡をください』と伝え全ての施術を終えた。

使用したツボ

まとめ

看護師と言う職業柄、立位時間が長く腰に緊張を作りやすかった。本症例は腰の上部にある胸椎、下部にあるハムストリングスに過緊張があり腰部に負担を掛けてしまっていた。そこで鍼で各々の緊張を解すことで症状も消失しました。

担当スタッフ

洲崎 和広

提供:すのさき鍼灸整骨院

症例提供