ツボネット ホーム

長時間の座位が出来ない

長時間の座位が出来ない

  • 患者

    男性

    40 代

  • 来院

    2019年7月 ~ 2019年7月

  • 頻度

    週1回程度

  • 通院回数

    3回

症状

オペレーター業をしており、1週間前より臀部が痛み始めた。当初は、姿勢を変えたりすれば痛みを感じなかったが来院日には姿勢を変えてもクッションを入れても痛い状態であった。腰骨あたりにあった痛みが背中の方まで波及し、ボワーンとした広がる痛みを感じる。同僚に相談した所、当院の患者さんと言うこともあり紹介を受けた。

施術と経過

まずは左右差を確認した。左の方が陽性であり中でも腰骨付近に一番強い緊張を感じた。そのため、この部の緊張を取り除くように施術を組み立てた。肘と脚にある関連するツボに鍼をし、圧痛を取り除いた。また、座位の時間の長いため大腿後面部にも強い緊張がみられたため鍼をした。
圧痛の緩和を確認し、1回目の施術を終えた。

2回目、『終わった直後はわからなかったが施術後から身体の調子が良い』とのこと。
残る緊張を取り除く目的に同様の施術を行った。

3回目、施術期間を空けても問題なく、仕事も普段通り出来ていることを確認した。

使用したツボ

まとめ

職業柄、同一姿勢が多いためか偏った身体の使い方をしていたと思われます。ツボを用いて肘の緊張、仙骨の捻じれを解いていくことで緊張が緩和し、痛みも改善されました。
身体のクセは誰にでもあるものです、これが長時間に渡ると1か所に負担がかかり周辺にも緊張を生んでしまいます。
本症例はこのような見立てを元に施術方針を決定しました。

担当スタッフ

洲崎 和広

提供:すのさき鍼灸整骨院

症例提供