ツボネット ホーム

全国の症例
スギヤマ治療院の症例

NEW襖を運んでいる途中で腰を痛めた

全国の症例
スギヤマ治療院の症例

NEW襖を運んでいる途中で腰を痛めた

  • 患者

    男性

    70 代

  • 来院

    2019年6月 ~ 2019年6月
  • 頻度

    週2~3回
  • 通院回数

    2回

症状

シルバー人材センターの仕事で襖の張替えを行なっている。
階段を使って襖を運ぼうとしている途中で左腰を痛められた。
痛みが強く出ていたためご家族に揉んでもらったが改善が見られずご来院された。

施術と経過

初回
襖をどのように持って階段を使って運ばれたかを確認すると左に体を捻るような形で運んだとのこと。
その時に左腰部を痛められたのだが細かく確認していくと痛みがある部位は脊柱寄りよりもやや外側に圧痛が見られた。
痛む動きをその部位から判断してお尻のツボに鍼をした。
体を捻っても他、体を動かしても特に気にならなくなった。

2回目
元気に仕事に復帰をされたとのこと。
家で食事をしたりする時に座っていると骨盤の上あたりに痛みがじんわりとあるとのこと。
関連する太もも裏の緊張が左のほうが強く出ており、太もも裏のツボに鍼をした。
その点も気にならなくなった。

シルバー人材センターの仕事を長く続ける事が生きがいなので定期的にメンテナンスをしていく運びとなった。

使用したツボ

まとめ

発症した時にどの動きでどう痛んだのかを確認しそれに適したツボに鍼をした事で改善が見られた症例であった。
生きがいを長く続けて頂けるお手伝いができて嬉しく思います。

提供:スギヤマ治療院

症例提供