ツボネット ホーム

全国の症例
すのさき鍼灸整骨院の症例

NEW腰の痛みから始まり背中、首へと波及していく不快感

全国の症例
すのさき鍼灸整骨院の症例

NEW腰の痛みから始まり背中、首へと波及していく不快感

  • 患者

    男性

    40 代

  • 来院

    2019年7月 ~ 2019年7月
  • 頻度

    1回通院
  • 通院回数

    1回

症状

教員をしており、授業準備をしている時に下の物を取ろうとすると腰にピキッと痛みが走った。それ以降重たい物をもったり、ちょっとした動きに伴い痛みを感じるようになった。歩行時は痛くないが背中を伸ばそうとすると同様の痛みを感じ、背筋を伸ばすのが怖い。3日間、安静にして湿布をしても良くならず痛みも腰から背中、首まで上がってきたような不快感があるため来院された。

施術と経過

患者さんが訴えるルートを辿っていくと肩上部に行き着いた。そこでその中で最も強い緊張部を探しツボに鍼をした。
鍼をすると背中の痛みは取れて身体を反れるようになった。
最後に肩上部の緊張を抑制する目的にふくらはぎに鍼をすると『元に戻ったようだ』と患者さんが言われたため施術を終了とした。



使用したツボ

まとめ

施術後に『これでサーフィンを楽しむことが出来る』と言われていました。サーフィンは半身姿勢で常に重心を変えながらバランスを取るので、身体は捻じれコリを生みやすくします。それに伴い身体を支えるふくらはぎに緊張状態を作ってしまっていたことが考えられます。サーフィンでの身体の癖にちょっとした動作が引き金となったものと思われます。
肩上部のコリを解すことで肩甲骨と骨盤の連動性を高め、捻じれを解消出来たのが本症例のポイントであります。

担当スタッフ

洲崎 和広

提供:すのさき鍼灸整骨院

症例提供