ツボネット ホーム

黙っていると肩上部が痛む

黙っていると肩上部が痛む

  • 患者

    男性

    40 代

  • 来院

    2019年5月 ~ 2019年5月

  • 頻度

    週1回程度

  • 通院回数

    3回

症状

2週間前からずっと座っていると肩上部が張って痛くなり前を見ることが出来なくなる。日に日に症状が増して、鎖骨下・背中・腕の方まで同じように痛む。痛みの程度もズキズキと身体の中の方へ刺さるように感じ、夜間痛もあり増悪傾向であった。
数日前の仕事休みの日に整形外科へ受診し『頚椎症』と診断を受けたが踏み込んだ治療はなかった。初診でみられた日は、特に調子が悪く前を見ると痛みが強くなり俯いていた。

施術と経過

背中が強く緊張し、頸部を支えきれず症状を呈していると考えた。

1回目、左右の背中の緊張を見つけ、脚のツボを使って緩めると前を向くことが可能になった。また、背中の緊張から関連する臀部のツボで対応した。頸椎の可動性が高まり、痛みが半減した。

2回目、『首は曲げたり・回したり動くことが出来るので少しは回復したかなと思う。鎖骨下の痛み、手のだるさが気になる。夜間痛はまだ治まらない』とのこと。
前回の施術に加え、首のツボと脚のツボを追加した。
施術後は『かなり楽です』と笑顔で帰られた。

3回目、『夜間痛がなく、痛み・だるさを感じる箇所がない』とのこと。
上肢の動きをチェックし、可動性を整え施術を終えた。

使用したツボ

まとめ

『頚椎症』と診断を受けても頸椎に問題がない場合が多い。それは原因になる箇所と痛む箇所が一致しないためである。
本症例は手足・背中・臀部のツボを使い頸から肩にかけての症状に対応したことで身体の連動が高まった結果、改善した症例であります。

担当スタッフ

洲崎 和広

提供:すのさき鍼灸整骨院

症例提供