ツボネット ホーム

全国の症例
ゐろは鍼漢院の症例

ステロイド治療後再発した腱鞘炎

全国の症例
ゐろは鍼漢院の症例

ステロイド治療後再発した腱鞘炎

  • 患者

    50 代

  • 来院

    2018年5月 ~ 2018年6月
  • 頻度

    週2~3回
  • 通院回数

    10回

症状

【症状】左母指の腱鞘炎 

三年前に発症し、ステロイド注射を受ける。

その後二年間症状は落ち着いていたが昨年7月に再発。
医師に「ステロイドの注射は繰り返し打つと、腱をもろくしてしまうのでお勧めできない」といわれ、その後は電気治療と抗炎症剤、湿布などで改善を試みたが、一向に痛みと腫れが退かない。

文字を書く動作やPC作業が特に辛い。

施術と経過

【初診~3診】
母指と手首の動きを細かく観察したところ、頸椎と胸椎の動きに問題があると予測し、鍼治療を行う。治療直後、母指の動きが僅かに改善していることから、その後3診まで同じ処置をおこなう。

【4診~10診】
4診が終えるころから、母指の動きの改善に合わせ、痛みと腫れが徐々に軽減。

10診目。痛みが8割方消失し、PC作業もストレスなく行えるということ。その後はセルフケアとして自宅でお灸をするよう指導し現在は、月1回、体調

管理、健康増進を目的として治療を継続中。

使用したツボ

まとめ

本症例のように、ステロイド治療を繰り返し受けた後、鍼灸治療を希望し来院される方は意外に多い。

腱鞘炎に対する症例は鍼治療が奏功し、数回の施術で回復するケースや、少しずつ中長期にわたり、段階的に改善するケースと様々だが、副作用のない鍼灸は安心して必要なだけ治療をおこなうことができる。

本症例は、手の腱鞘炎の原因を手指単独の原因と考えず、関連性の高い脊柱を注意深く観察することで、良好な治療経過を辿ることができた。

提供:ゐろは鍼漢院

症例提供