ツボネット ホーム

すのさき鍼灸整骨院の症例

背中を掻けない

すのさき鍼灸整骨院の症例

背中を掻けない

  • 患者

    男性

    20 代

  • 来院

    2019年4月 ~ 2019年4月
  • 頻度

    1回通院
  • 通院回数

    1回

症状

3か月前から右手で背中を掻くことが出来ない。インターネットで動作に対するストレッチ・体操を試みたが表記されている動作自体出来なくて諦めかけていた。そんな時たまたま当院の症例報告で動きに対する施術を掲載しているのを見かけて連絡をいただいた。

右肩は水平外転時に痛み、回旋動作が加わると裏側に痛みが出る。デスクワークを主体とする仕事で常に肩凝りを抱えている。

施術と経過

肩の軸を正すことと回旋性制限を取り除く施術を行った。
関連する腰部と脚に鍼をし、緊張を取り除いた。最後に肩の回旋制限に対して背中にあるツボを使うことで出来なかった“背中を掻く動作”が出来るようになった。

使用したツボ

まとめ

掲載されている体操やストレッチ自体、出来ないことは良く耳にします。それはその人に合ったものではなくそのものに合わせた一般的な手法であるからと思います。どのような動きに制限があり、どこが痛むかを共有することでその人にあった施術を出来ました。

担当スタッフ

洲崎 和広

提供:すのさき鍼灸整骨院

症例提供