ツボネット ホーム

症例を書いた鍼灸院:すのさき鍼灸整骨院

首を動かしたときに気づいた異変

首を動かしたときに気づいた異変

  • 患者

    男性

    30 代

  • 来院

    2019年3月 ~ 2019年4月

  • 頻度

    週1回程度

  • 通院回数

    3回

症状

デスクワーク主体の職業柄、首や肩・背中が突っ張りやすい。数日前、首を右に倒すと左側の筋がピーンと突っ張り激しく痛くなるのを感じた。痛みを感じてからは、動かしたときの痛みが気になる。コメカミ付近にも痛みを感じ、患部を触れると腫れもあるため連絡をいただいた。

施術と経過

背中の緊張が首の動きを制限していると考え施術を始めた。

1回目、首の動きの制限から連動する肩甲骨内縁にあるツボと手の甲にあるツボに鍼をした。施術前より半分程度改善が見られたため、施術を終えた。
2回目、『動きは出てきたが突っ張り感は気になる』とのこと。
前回の施術に足のツボを加えるとさらに動きが良くなり、突っ張り感も減った。
3回目、『仕事中に動かしても痛くないし、調子が良い』とのこと。
残る緊張を取り除き全て終えた。

使用したツボ

まとめ

初診時に首を横にすると痛くてという事からある程度原因を特定しやすかった症例であります。首と背中は連動しており、背中の緊張は首の動きを制限してしまいます。職業柄、背中の緊張を感じやすかったと思います。
首と背中の連動をスムーズにすることで改善を図りました。

担当スタッフ

洲崎 和広

症例を書いた鍼灸院:すのさき鍼灸整骨院

症例を書いた鍼灸院