ツボネット ホーム

五十肩の様な肩の痛みから首こり・頭痛と不定愁訴

五十肩の様な肩の痛みから首こり・頭痛と不定愁訴

  • 患者

    女性

    50 代

  • 来院

    2019年1月 ~ 2019年2月

  • 頻度

    週1回程度

  • 通院回数

    8回

症状

一年程前に、両肩に五十肩の様な症状が現れ、病院で運動療法を中心とした治療を行う。約半年後、治療は終了。ピーク時に比べると症状は改善していたが、ある一定の動きをすると痛みと動かしにくさがある。

痛みのためか徐々に動くのが嫌になり、じっとしていることが多く、その頃から首・肩周りが凝り固まった感じがしてきた。首のコリがひどくなると頭痛が出てきて、常に首の後ろが引っ張られるような気がしている。

最近は、肩の痛みと首こり・頭痛に加え、何とも言えない不安感や動悸、イライラすることが増えてきた、自分で自律神経の問題ではないかと考え、心療内科に行き薬を処方してもらっている。

施術と経過

肩の痛みからすべてが始まってると考えたが、まずは一番つらいと言われている首コリと頭痛を改善することを優先した。側頚部から後頚部の緊張が強く、肩が凝り固まっているため、手と足のツボに鍼をした。すぐに首・肩は緩み、頭痛も軽減した。

次に、肩の動きを回復させるため、背中と足のツボで体の連動を整えた。肩の動きがスムーズになったの確認し1診目を終了した。

2診目、首コリ・頭痛はほとんど感じないが、肩の痛みは残っている。肩の動きを回復させ、痛みを軽減することを第一に考え施術を行う。

8診目、肩の動きがスムーズになり、痛みも感じない。また、肩の痛みや首コリ・頭痛の改善とともに、不安感や動悸もなくなったとのことで施術を終了とした。

使用したツボ

まとめ

肩の痛みが一年も続いていたため、様々な症状が出ていた。一見すると自律神経や精神的な問題と考えてしまい、治療を難しくしてしまうことがある。

しかし、今回の症例の様に、身体の不必要な緊張を取り除き動きを改善することで、さまざまな不定愁訴を解決できることも少なくない。

提供:かしの木鍼灸整骨院

症例提供