ツボネット ホーム

全国の症例

食事の時に噛むのがつらい顎の痛み

全国の症例

食事の時に噛むのがつらい顎の痛み

  • 患者

    女性

    10 代

  • 来院

    2019年1月 ~ 2019年2月
  • 頻度

    週2~3回
  • 通院回数

    5回

症状

高校生の時から顎に痛みがあり、口腔外科でヒアルロン酸の注射とマウスピースを処方してもらい少し改善していたが、数か月前から痛みが再発。

最近では、食事の時に柔らかいものを噛んでも顎にズキッとした痛みが走り、口を動かすのが嫌になってきた。

また、寝ている間に歯ぎしりをしている様で、朝起きると顎と左肩に重だるさと痛みを感じる。

施術と経過

顎周辺を確認すると左耳の前に強い緊張が見られる。緊張を緩和するため胸椎と肩甲骨のツボに鍼をしたところ、口を開けるのがスムーズになった。

状態を安定させるため、手のツボに鍼をした。少し痛みが残っているとのことだったが、動きが安定すると痛みも緩和すると説明し、1診目を終えた。

2診目の時には、痛みも軽減し動きも良かったが、肩こりが気になるとのことで、肩の緊張を緩和するために背中と胸椎のツボに鍼をした。肩の緊張が緩むとともに、いままで以上に口を大きく開けられるようになった。

3・4診目では、強く噛みしめた時に痛みはあるが、全体的に状態がいい。前回同様の施術を行う。5診目、強く噛みしめても痛みがなく、肩もスッキリしているため、施術を終了とした。

使用したツボ

まとめ

顎の症状を改善するには、顎だけではなく全体を診る必要がある。今回の症例では、肩・背中の緊張が顎に大きく関係していたと思われる。

提供:かしの木鍼灸整骨院

症例提供