ツボネット ホーム

全国の症例
はりきゅうroom タスケの症例

肩こりが悪化して、寝つきが悪くなった

全国の症例
はりきゅうroom タスケの症例

肩こりが悪化して、寝つきが悪くなった

  • 患者

    男性

    60 代

  • 来院

    2017年12月 ~ 2017年12月
  • 頻度

    月3回程度
  • 通院回数

    2回

症状

1ヶ月前から不眠に悩まされている。寝つきが悪く、2時間程寝つけない状態が続いている。頚から背中にかけて物が乗っているように重く、マッサージや整体を試したが症状が改善されず来院される。

施術と経過

頚の可動域をチェックすると、つっぱり感と可動域制限がみられた。頚から肩の緊張が強いことが「不眠」の原因だと判断して、頚の可動域を回復させる目的で手と足のツボを中心に鍼をした。初回の施術で頚の可動域は大幅に良くなり、肩も軽いと感想を得た。
2回目、2週間程は寝つきが良く過ごせていたが、症状が再発したため来院。前回同様の施術に加え、膝のツボを追加した。
半年後に紹介で来院されたご家族から、症状が改善していることの報告を受ける。

使用したツボ

まとめ

症状の出現する同時期、パソコン作業に追われていたことが原因だと判断した。普段慣れないパソコン作業に加え、精神的なストレスも合わさり、頚肩から背中にかけ強い緊張をつくっていた。固くなった筋肉の緊張を解くことで、深い呼吸ができるようになり不眠も解消された。

提供:はりきゅうroom タスケ

症例提供